メンズ髪型

フェードカット×オールバックの最新スタイル【セット方法まで解説】

フェードカット+オールバックに挑戦したい!

そんなご要望にお応えします。

記事を書いている人

海外メンズの定番“フェードカット+オールバック”に挑戦したいメンズは多いハズ。

今回はそんな「フェードカット+オールバックスタイル」を厳選してご紹介します。

この記事を参考にすれば、今トレンドになっている「フェードカットオールバック」が分かるようになります。

ぜひ、バーバーやサロンでのオーダーに役立ててください。

フェードカットとは

フェードカットはもみあげ部分からトップまで、徐々に長くしていくカット手法になっています。

フェードカット×オールバックに挑戦するためのコツ

海外のメンズの間で定番となっている「フェードカット×オールバック」なのですが、実践するためには3つの要素が必要です。

3つの要素

上記3つを意識することで、簡単に海外風フェードカット×オールバックが実現。

オヤジ
オヤジ
では順番に解説していくぞ。

① フェードのレングス(長さ)

フェードカット×オールバックにしたい男性は「ここ」を決めないといけません。

サイドの長さはどのくらい?

海外メンズはけっこう短めです。

ちなみに日本人も短めがカッコイイです。

参考スタイル
海外

出典:Pinterest

・もみあげ部分:0mm
・中央部分:1mm
・上部:2.5mm〜3mm

日本人

出典:Pinterest

・もみあげ部分:0.5mm
・中央部分:1mm
・上部:2.5mm〜3mm

サイドの長さは、基本的には下記でO.K。

もみあげ0mm〜0.5mm
中央1mm前後
上部2.5mm〜3mm

長すぎたらメンテナンスするのが大変になりますし、パリッと決まらない場合も。

オーダーの際は、ぜひ上記の長さを指定すると、かっこいいフェードが実現しますよ。

 

② トップのアレンジ

サイドの長さが決まって、次に考えないといけないのはトップ部分のアレンジです。

パーマをあてる?
ストレートなの?

オヤジ
オヤジ
どちらが良いか参考スタイルを見ながら決めてくれ!
参考スタイル
パーマの場合

出典:MENS HAIRSTYLE TRENDS

ストレートの場合

出典:MENS HAIRSTYLE TRENDS

パーマ・柔らかい雰囲気が出る
・オシャレになる
ストレート・エッジが効いてクールな印象
・スタイリングが簡単

パーマだと、少し柔らかい雰囲気が出てオシャレに見えますよね。

ストレートはオールバック特有のエッジがそのままの形で残りますので、クールで大人っぽい印象を相手に与える事ができます。

オヤジ
オヤジ
ちなみに「くせ毛」の人はそのままでO.Kだぞ!

実はくせ毛とオールバックは非常に相性が良いので、そのままで大丈夫ですね。

この記事を書いている管理人もくせ毛なのですが、オールバックスタイルが一番シックリくるんですよ。

 

③ トップ部分の髪のレングス(長さ)

トップ部分の長さをどうするかも、担当のスタイリストさんと相談する必要があります。

長めなのか?
短めなのか?

オールバックにする場合は、ある程度レングスがあった方がアレンジが効きますのでオススメとなっています。

オヤジ
オヤジ
どちらが良いか参考スタイルを見ながら決めてくれ!
参考スタイル
長め

出典:MENS HAIRSTYLE TRENDS

短め

出典:MENS HAIRSTYLE TRENDS

長め・アレンジがしやすい
・セットの難易度が上がる
短め・アレンジがしにくい
・セットが簡単

あまりにも短くなると、オールバックのセットが難しくなってしまいます。

なので、トップ部分のレングスはある程度、残しておきましょう。

フェードカット+オールバック|厳選スタイル特集

順番に解説していきます。

 

短め|フェードカット+オールバック

STYLE.1

サイドをフェードカットして、トップ部分をシンプルにオールバックにしたオシャレな髪型となっています。

この髪型はシンプルなオールバックスタイルなので、比較的マネしやすいですよね。

スタイリング方法も簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

STYLE.2

高め位置に設定されている段差が少ないフェードカット×オールバックスタイル。

フェードカットが高めの位置になっていますので、トレンド感溢れるヘアスタイルです。

やっぱり何回見てもカッコイイですよね。前髪がポンパドールになっているのも素敵。

上記ヘアスタイルは、スタイリング方法も簡単なので、かなりオススメですよ。

長め|フェードカット+オールバック

STYLE.1

真ん中辺りに薄めのフェードカットを入れて、シンプルなオールバックスタイルです。

束感を上手く利用してスタイリングしている所が良い感じです。

STYLE.2

サイドは少し見えないのですが、前髪部分のスタイリングが分かりやすい画像です。

髪の流れがランダムになっているのがカッコイイ。

束感を付けつつ、上手くバック流しているセット方法になっています。

サイドはおそらくフェードカットですし、このくらい長さだとツーブロックでも良いかも。

STYLE.3

ローフェードが特徴的なオールバックパートスタイルとなっています。

サイドをフェードカットして、上手くパートを作ったオールバックスタイルですね。

海外のビジネスマンが、よく実践しているヘアスタイルとなっています。

さりげなく、モミアゲ部分をフェードカットしている所もオシャレですよね。

スタイリングに関しても、束感を上手く使ったセットとなっています。

 

パーマ|フェードカット+オールバック

STYLE.1

続いてはパーマヘアなのですが、上記画像のモデルさんがは「くせ毛」になります。

特にオールバックヘアはくせ毛との相性が非常にヘアスタイルですね。

くせ毛を活かしたいメンズは、ぜひオールバックヘアに挑戦していきましょう。

サイドもツーブロックにしていますので、くせ毛範囲が狭くなるという所も嬉しいです。

STYLE.2

上手くニュアンスパーマを活用しているフェードカット×オールバックスタイル。

パートにしているんですが、ニュアンスパーマがかかっていますよね。

あまり目立たない感じのさりげなさがお洒落なんですよね。

最近では、こういうナチュラルなオールバックスタイルがトレンドになっていますね。

STYLE.3

上記モデルさんの髪型は、ベリーショートレングスのオールバックスタイルです。

普通のオールバックスタイルではなく、髪の流れをランダムにしたスタイリング。

サイドをしっかりとツーブロックにして、分け目部分にはラインカットも素敵ですね。

STYLE.4

サイドをフェードカットにして前髪にポンパドールを作ったスタイリングになっています。

こちらの方もニュアンスパーマとなっています。

束感も上手く作りつつラフに流しているヘアスタイルで、ナチュラルなスタイリング。

黒髪で髪が長いメンズは、サイドをフェードカットにして、ニュアンスパーマをかけたらこういう髪型が作れます。

STYLE.5

サイドは見えないのですが、おそらくフェードカットになっていますね。

トップ部分を軽くパーマをかけているところも素敵です。

このくらいのパーマだとアイロンとかでも、少し練習したら簡単にできそうですよね。

オールバックにパーマアレンジは、やっぱりカッコイイし、かなりオススメです。

 

横流し|フェードカット+オールバック

STYLE.1

出典:Pinterest

サイドをフェードカットにして、オールバック気味に横流ししているスタイル。

横流しスタイルは、大人っぽく決まるので、ここ日本でも大人気のヘアスタイルです。

スタイリング方法も簡単なので、バーバースタイル初心者にはオススメの髪型です。

 

サイドパート|フェードカット

STYLE.1

出典:Pinterest

サイドをフェードカットにしていて、分け目をパリッと作ったパートスタイル。

海外のビジネスマンに大人気のヘアスタイルとなっています。

ここ日本でも、実践しているメンズは多いですが、実際は難易度の高いスタイルです。

挑戦したいメンズは、ぜひバーバーショップでオーダーしてみてくださいね。

フェードカット+オールバック:まとめ

今回は「フェードカット×オールバックの最新スタイル【セット方法まで解説】」というテーマでお送りしていきました。

ここ日本でも大人気となっているオールバックスタイル。

今季は普通のオールバックではなく、パーマやレングスに変化をつけるヘアスタイルがトレンドになりそうです。

ぜひ、本記事を参考にオールバックスタイルをマスターしていきましょう。

この記事もどうぞ

オールバックの時に使いたい整髪料【タイプ別に詳しく解説】 大人っぽい雰囲気を演出できるとして、男性に大人気の髪型『オールバック』。 各SNSでも常に話題になっています。 ...

>> オールバックの時に使いたい整髪料【タイプ別に詳しく解説】

スリックバック+アンダーカットの最新ヘアスタイル18選【セット方法まで】この記事では「ツーブロックオールバックのセット方法をくわしく解説【メンズ編】」というテーマでお送りします。ツーブロックオールバックスタイル、コームオーバースタイルなどのセット方法をくわしく解説していきます。...

>> スリックバック+アンダーカットの最新ヘアスタイル18選

合わせて読みたい記事

ーー まとめ記事 ーー