メンズヘアケア

坊主でも「白髪染め」できるオススメ方法と注意点3つをくわしく解説

9ミリの坊主なのですが、白髪染めする方法はありますか?
5分刈りの坊主なのですが、どの白髪染めがオススメなの?

 

そんな質問にお答えします。

 

この記事の内容

 

さきに結論を言いますと、坊主でも白髪染めできるオススメの方法は2つあります。

:ヘアカラーシャンプー【神です!】

:ヘアカラートリートメント【注意点あり!】

これで解決します。

 

この2つを使うことで、坊主頭でもキレイに白髪を染めることができますよ。

さらにくわしく解説していきたいと思います。

 

坊主でも「白髪染め」できるオススメの方法

※タップしたらジャンプします

ヘアカラーシャンプー【神です】

ヘアカラートリートメント【難あり】

 

冒頭でも言いましたが、坊主でも白髪染めできるオススメの方法は2つです。

順番に解説していきますね。

 

白髪専用ヘアカラーシャンプー【※神!】

坊主でキレイに白髪染めしたいのであれば「白髪専用のヘアカラーシャンプー」を使うことをオススメしています。

理由は以下ですね。

  1. ムラなくキレイに染まる
  2. 頭皮を傷つけない
  3. 手間がかからない
  4. コスパが良い

 

男子髪くん
男子髪くん
順番に解説していくね!

 

① ムラなくキレイに染まる

白髪用カラーシャンプーを使うことで、ムラなくキレイに染まります。

いつも通りシャンプーをするだけなので、まんべんなく均等に染めることができるのが最大のメリットです。

よくありがちなのが、毛先だけが染まるという問題です。

白髪専用のヘアカラーシャンプーだと、そのような心配はないので安心してください。

 

オヤジ
オヤジ
ムラがあると超ダサいから良いね!

 

② 頭皮を傷つけない

白髪用カラーシャンプーは、普通のシャンプーの役割を果たしますので、頭皮を傷つけないのもメリットです。

ヘアスタイルマガジン管理人の「弟」が使っている利尻カラーシャンプーは、植物色素を含んでいますので、頭皮を傷つけることはありません。

オヤジ
オヤジ
市販の白髪染めに比べると神だね!

 

③ 手間がかからない

白髪用カラーシャンプーのメリットは「手間がかからない」という点ですね。

  • 白髪用カラーシャンプー:10分程度
  • 市販の白髪染め:1時間くらい
  • 美容院での白髪染め:1時間くらい

白髪用カラーシャンプーは、お風呂場でいつもどおり、髪を洗うだけでO.Kです。

市販の白髪染めや美容院での白髪染めに比べると、かなり時短になるかと思います。

 

④ コスパが良い

白髪用カラーシャンプー:3,000円(約3ヶ月)

管理人の「弟」が使っている利尻カラーシャンプーの容量は「300ml」なので、約3ヶ月でなくなります。

坊主で髪が短いので、減りがめっちゃ遅い。

約3ヶ月なので、実質、月1,000円くらいで白髪染めできるという点では、かなりコスパが良いかと感じています。

利尻カラーシャンプーに関しては:利尻カラーシャンプーの口コミと効果を分析!最安値も解説をどうぞ。

 

オヤジ
オヤジ
コスパも良いし、手間かからないしで、最高かよ!

 

ヘアカラートリートメント【少し難あり】

白髪専用のヘアカラーシャンプー以外だと、ヘアカラートリートメントも良いですね。

ただ、ヘアカラートリートメントは、まんべんなく髪に塗布して、10分程度時間を置いてから、髪をすすぐという形になりますので、ちょっと面倒。

※イメージはこんな感じ

髪が長ければ、ヘアカラートリートメントでも良いと思いますが、髪が短い坊主であればカラーシャンプーで十分かなと思います。

わざわざ面倒なヘアカラートリートメントを使うメリットはないかと感じています。

 

オヤジ
オヤジ
確かにそうだよね!

 

坊主から髪を伸ばす予定であれば、白髪専用のヘアカラートリートメントを使うのに賛成しますね。

坊主をキープしたいのであれば、利尻カラーシャンプーで十分です。

 

坊主で「白髪染め」する時の注意点3つ

 

男子髪くん
男子髪くん
順番に解説していきます。

 

① 市販の白髪染めはNG

ドラッグストアやスーパーなどで販売されている白髪染めはNGです。

なぜなら、市販品の白髪染めに配合されている成分がちょっと怖いからです。

下記は2018年5月の「週刊現代」の記事を抜粋したものです。

「ドラッグストアの店頭に並んでいるヘアカラー用品のパッケージには、使用方法のほかに健康リスクについての注意書きが載っています。

読んでみると、『腎臓病、血液疾患の既往症のある人は使用禁止』や、『使用中に倦怠感などの症状がみられた場合は中止すること』といったことが書いてある。

この文言から、いかに人体に対して危険な物質が白髪染めなどのヘアカラー用品に使われているかがわかると思います」(東海大学教授の坂部貢氏)

引用:危険物質まみれのものも…!日本の「白髪染め」は危ないかもしれない

嘘か本当かは分かりませんが、事実、こういうことがあるんですよ。

とくに髪と頭皮の距離が近い「坊主スタイル」での白髪染めとなると、より危険な匂いがプンプンします。

このことから、市販で販売されている白髪染めは使わないにこした事はないです。

 

オヤジ
オヤジ
怖いね・・・。

 

② 染めムラに注意する

坊主での白髪染めで、1番注意するべきなのは「染めムラ」ですね。

坊主は白髪が目立ちやすいので、染めムラがあれば、超ダサくなってしまいます。

 

オヤジ
オヤジ
それだけは嫌だ!

 

そうならない為にも、記事内でご紹介している「利尻カラーシャンプー」でまんべんなく均等に白髪染めをするべきです。

 

③ 継続することが超大事

坊主は髪が伸びると目立ちやすくなりますので、継続的に「白髪染め」をおこなう必要性があります。

白髪が成長すると、根元が白く光りますので、老けてみられるからですね。

根元だけ光っている人を電車で見かけたことがあるのですが、やっぱり老けて見える。

それを防ぐためにも、断続的(だんぞくてき)ではなく継続的(けいぞくてき)に白髪染を行いましょう。

 

坊主の「白髪染め」で美容院をオススメしない理由

坊主の白髪染めだったら、ちゃんとした「美容院」でやった方がキレイに染まるやん?と思う人も多いですが、ちょっとデメリットが多いので共有していきます。

※タップしたらジャンプします

  1. 料金が高い
  2. 時間がもったいない

 

男子髪くん
男子髪くん
順番に解説していきます。

 

① 料金が高い

美容院で白髪染めすると、もちろんキレイに染めることができますよ。

相手はプロだから。

ですが、1回の施術料がめっちゃ高いんですよ。

 

ヘアサロンで白髪染めをしてもらう場合、だいたいの相場は1回6千円から1万円程度です。ヘアカットとセット料金になっている場合もあります。

引用:白髪染めの料金はいくらくらい使ってる?

 

オヤジ
オヤジ
確かに高い!

 

それに1週間もすれば、白髪が伸びてくるので「持ち」が超悪いんですよね。

管理人の友達なんかは、美容院で2週間に1回のペースで白髪染めをしていて、毎月15,000円くらい使っていましたよ。

すぐに弟が使っている利尻カラーシャンプーを買え!って言いました(笑)

 

オヤジ
オヤジ
確かにそうなるよね!

 

女性のように、髪の毛が長ければ、美容院での白髪染めはアリですが、坊主であればわざわざ美容院で白髪染めしなくてもO.Kです。

 

② 時間がもったいない

坊主で白髪染めだったら、わざわざ美容院に行かなくても、自宅で染めることができます。

それに髪が短いので、そこまで時間を使うこともないです。

 

美容院だと予約を取ってから、わざわざ、美容院のある場所まで行かないといけないので、コスパが超悪いです。

坊主で白髪染めするのであれば、自宅で十分なので、覚えておきましょう!

 

まとめ

今回は「坊主でも「白髪染め」できるオススメ方法と注意点3つをくわしく解説」というテーマでお送りしました。

オススメしているヘアカラーシャンプーは「利尻カラーシャンプー」です。

坊主で白髪染めする方法に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

利尻カラーシャンプーの詳細にかんしては::利尻カラーシャンプーの口コミと効果を分析!最安値も解説をどうぞ。

メンズ人気NO.1
 チャップアップシャンプー 

詳細を見てみる ▷

※初回返金保証があるので安心

オレはくせ毛でもモテる男なんだ!
男子髪(書いてる人)
HAIRSTYLE MAGAZINE(ヘアスタイルマガジン)管理人の男子髪です。生まれた時から「くせ毛&天パ」。メンズのヘアスタイルやヘアケア、育毛といったジャンルが得意です。髪型・髪質で人生が変わると本気で思っています。
\ Follow me /
おすすめの記事が表示されています