整髪料

オーシャントリコ・エアーの使い方セット方法と評価を解説!

オーシャントリコ・エアーの使い方がよく分からないと、オーシャントリコ・エアーを使った髪型セットに苦戦しているメンズは多いことでしょう。

そこで今回は、

  1. オーシャントリコ・エアーの概要
  2. オーシャントリコ・エアーの口コミ・評価
  3. オーシャントリコ・エアーのセット&使い方(動画解説付き)
  4. オーシャントリコ・エアーで作った髪型事例

この4つを中心に『オーシャントリコ・エアーの全て』をまとめていきたいと思います。

この記事を参考にすることで、オーシャントリコ・エアーの特徴が理解でき、オシャレな髪型を作ることができます。

まずは『オーシャントリコ・エアーの概要』を解説していきますね。

オーシャントリコ・エアーの概要

名称 オーシャントリコ・エアー
タイプ クリーム
セット力
ツヤ感
ウェット感
束感
使いやすさ
香り ライジングウェーブ|フリーライトブルーの香り
オススメ ・束感セットをやりたい人
・細束を作りたい人
・ウェット感を出したい人
・乾燥毛のメンズ
・ダメージヘアのメンズ

オーシャントリコ・エアーの口コミ評価をSNSで調査

オーシャントリコ・エアーの口コミや評価をSNSで調査していきました。

調査した結果がこちらです。

  1. 下手くそでもセットしやすい
  2. めっちゃいい匂いする!
  3. 簡単にできる束感がすごい。
  4. わりと量を付けても大丈夫でした
  5. 付けやすくてめっちゃいい〜

では順番に見ていきましょう!

下手くそでもセットしやすい

オーシャントリコ・エアーのメリットはセット初心者でも簡単にスタイリングできるところですね。

今まで髪の毛をセットした事がないメンズでも、オーシャントリコ・エアーであれば、難なくスタイリングすることができますよ。

めっちゃいい匂いする!

オーシャントリコ・エアーのメリットの1つである香り

オーシャントリコシリーズのワックスは、大人気香水『ライジングウェーブ・フリーライトブルー』の香りになります。

引用:Twitter

ライジングウェーブ・フリーライトブルーは女子受け抜群の香りになりますし、髪に付ける事でさりがない香りを演出できます。

女子はナチュラルな香りがする男性を好む傾向にありますので、フリーライトブルーの香りは嬉しいですよね。

簡単にできる束感がすごい。

オーシャントリコ・エアーの特徴は簡単に束感セットができるところです。

アイロンやドライヤーを使わなくても、難なく束感を出すことができるのが魅力的です。

アイロンで型を付けても、アイロン通りの束を作ってくれますので、あなたが理想としているヘアスタイルを実現できます。

わりと量を付けても大丈夫でした

オーシャントリコ・エアーは上手く髪をまとめてくれるワックスになりますので、気持ち多めでも問題はありません。

ただ、軟毛さんは付ける量を考えないと『ペタ〜』となってしまいますので注意が必要。

すごく付けやすくてめっちゃいい〜

オーシャントリコ・エアは多めにつけてもペタッとならず、上手く束感を作ってくれるワックスになります。

なので付けやすいですし、髪にも馴染むので初心者にオススメのワックスです。

オーシャントリコエアーのセット&使い方|3選

続いては『オーシャントリコ・エアーの使い方』をご紹介していきます。

今回ご紹介するのはこちらです。

  1. 波打ちヘア
  2. ハーフアップヘア
  3. 七三分けワイルドヘア

では順番に解説していきたいと思います。

波打ちヘア【動画】

上記動画はオーシャントリコ・エアーを使って波打ちヘアをレクチャーしてくれている動画になります。

ドライヤーからワックスを付けてスタイリングするところまでしっかりと動画で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

セット手順はこちら
  1. ドライヤーで全体を乾かしていく
  2. トップにボリュームが出るように意識する
  3. サイドをアイロンで内外MIXにする
  4. 前髪の半分をコームで留めてからアイロンで波打ちにしていく
  5. 徐々にコームを上に上げていき、再度アイロンで波打ちを作っていく
  6. これを繰り返していく
  7. トップ部分もアイロンで波打ちにしていく
  8. オーシャントリコ・エアーを枝豆2個分
  9. 後ろから馴染ませていきます
  10. 意識したいのは中間から毛先を中心に付けていきましょう
  11. そうすることで、髪がペタッとしないので、ふんわり感を演出できる
  12. 指先で束を作りながらシルエットを整えていく

ハーフアップヘア【動画】

上記動画はオーシャントリコ・エアーを使ってハーフアップバングのヘアセットをレクチャーしてくれている動画になります。

手順を解説していきますね。

セット手順
  1. ドライヤーでトップ部分にボリュームを出していく
  2. その時、ドライヤーを根元に当てて、冷やしながらクセを付けていくと上手くいく
  3. サイドバックを外ハネ
  4. トップ部分は太い束を作り、内巻きでアイロンを当てていきます
  5. 特にトップにボリュームを当てるようにすると上手くいく
  6. オーシャントリコ・エアーを枝豆2個分
  7. ふんわり感を出すために、中間から毛先に付けるようする
  8. 束感を出すために指先や手ぐしを使っていく
  9. 前髪を軽くあげてサイドに流していく
  10. 最後にキープスプレーを使ってガチッと固める

七三分けワイルドヘア【動画】

上記動画はオーシャントリコ・エアーを使って七三分けワイルドのセット方法をレクチャーしてくれているスタイリング動画になります。

ワイルドに決めたいメンズに最適な動画になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

手順はこちら
  1. ドライヤーで七三分けになるように型を付けていく
  2. サイドをアイロンで内巻きにしていく(サイドをタイトにした方が大人っぽく決まる)
  3. 分け目にボリュームがあった方がかっこいいので、アイロンでボリュームを出していく
  4. バックは内巻きで束感を作っていきます
  5. オーシャントリコ・エアー枝豆2個分
  6. 前髪から徐々に馴染ませていく
  7. 中間から毛先を意識して馴染ませていくのがポイント
  8. 手でもみほぐしながらワックスを付けていくと理想通りのシルエットになっていきます
  9. 最後はキープスプレーでガチッと固めていく

上記のような手順でセットをおこなうことで、ワイルドなヘアスタイルを作れます。

オーシャントリコ・エアーはどんな髪型にも対応できる万能ワックスになりますので、セット初心者には最適なワックスです。

ぜひ、セット動画を参考にして、オーシャントリコ・エアーを上手く使いこなそう。

オーシャントリコ・エアーで作った髪型事例5選

定番のCカールマッシュヘア

引用:Twitter

引用:Twitter

上記モデルさんの髪型は、定番のCカールを使ったマッシュヘアになりますね。

このように、オーシャントリコ・エアーは束感を上手く演出することができますので、安心して使えるワックスです。

黒髪ふんわりパーママッシュ

引用:Twitter

引用:Twitter

アイロンでCカールを作った女子受け抜群の黒髪マッシュヘアになりますね。

オーシャントリコ・エアはマッシュヘアと非常に相性の良いワックスです。

マッシュヘアを検討しているメンズは必須のアイテムですよ。

束感ショートヘア&アップバング

引用:Twitter

引用:Twitter

オーシャントリコ・エアは上記モデルさんのような、ツヤあり束感ショートヘアを簡単に作ることができます。

もちろんアップバングヘアでワイルドで男らしいヘアスタイルも難なくスタイリングすることができます。

いかつい・ワイルド・やんちゃな髪型が実はモテる【メンズ編】 『ワイルドでいかつくて、やんちゃな髪型にしたいな〜』と思っても、実際にどんなヘアスタイルにすればモテるのか分からない人も多いはず...

濡れ髪セット

引用:Twitter

オーシャントリコ・エアはセクシーな雰囲気を演出できる『濡れ髪セット』との相性も抜群になります。

もともとオーシャントリコ・エアは水分が多めに設定されていますので、乾燥毛やダメージヘアとの相性が良いです。

なので、上記モデルさんのような濡れ髪スタイルとの相性も良いんですね。

ハーフアップバングヘア

引用:Twitter

引用:Twitter

オーシャントリコ・エアーは爽やかな印象を相手に与える『ハーフアップバングヘア』のスタイリングも難なくセットすることができます。

髪に馴染みやすく、操作性はありますが、セット力は弱いのでキープスプレーは必須です。

メンズのアップバング髪型|前髪の上げ方とやり方【セット動画あり】 『アップバングのやり方がイマイチ分からないな〜簡単なやり方ってないのかな〜』と、アップバングのセット方法に悩んでいるメンズも多い...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はオーシャントリコ・エアーの使い方セット方法と評価を解説!というテーマでお送りしていきました。

内容をまとめていきますね。

オーシャントリコ・エアーは一言でいうと万能タイプのワックスになります。

髪に馴染みやすいですし、操作性も抜群なので、セット初心者のメンズにはオススメのワックスになります。

ぜひ、この記事を参考に、オーシャントリコ・エアーを使いこなしいきましょう。