くせ毛・天パ・チリチリの原因と改善

ダメージヘアを今すぐに改善する方法を伝授【メンズ編】

ご覧頂きありがとうございます。『Hairstyle Magazine』管理人の男子髪です♪

当サイトでは『男子の為のイケてる髪型』をコンセプトに運営しています☆

今回は『ダメージヘアを今すぐに改善する方法を伝授【メンズ編】』というテーマでお送りしていきます。

髪質が悪いから上手くセットができない・・・。

そんなダメージヘアに悩んでいる男性は多いと思いますが、世の中にはたくさん改善方法があります。今回は、そんなダメージヘアの改善方法を詳しく伝授していきたいと思います。

今から解説する方法を実践する事で下記のような未来が待っています。

  • 簡単にスタイリングする事ができる
  • 女性から髪について褒められる
  • 清潔感を出す事ができる
  • 女性にモテる
  • お洒落だと思われる
  • 美意識が高いと思われ評判がよくなる
  • 単純にかっこよくなれる

上記のような未来が待っていますので、是非、最後までチェックしてみてください。

まずは、ダメージヘアになる原因について解説していきますね。ダメージヘアの原因を理解しておかなければ、改善できる髪も改善できないという事になってしまいます。

ダメージヘアになる原因

もともと、髪の毛はキレイな方だったのに、気づいたらダメージが・・・という男性の方も多いのではないでしょうか?

ダメージヘアはちゃんと原因があるんですね。

今回は、ダメージヘアになってしまう原因を7つあげていきたいと思います。日々の生活環境や生活習慣を振り返って読んでみて下さいね。

パーマが原因

パーマは髪の内部に働きかけるので、ダメージが非常に起こりやすくなっています。

パーマの薬剤は簡単にいうと2種類の薬液に分かれるんです。

1つ目は薬剤を髪につけることで、髪のコーティングや表面を覆っている組織を分解し、2つ目の薬剤でカールした状態で髪の毛を固定し、髪の毛を形成している組織をくっつけています。

パーマとはもともとの髪を構成している、タンパク質やアミノ酸などの成分結合を異なる結合に変えてしまいます。

髪本来の仕組みを変えてしまう事や髪本来の仕組みを変えられるほどの強い薬剤なので、それ相応のダメージは髪に降りかかってくるという事です。

カラーが原因

ヘアカラー剤に含まれるブリーチ剤は、髪が持っているメラニン色素を破壊して色を抜きます。メラニン色素を破壊しているので、それはダメージを受けるのは当然ですよね。

一度破壊されたメラニン色素は元には戻りません。そんな中、ヘアカラーを繰り返すとさらにダメージを受けてしまいます。

特にブリーチ剤を多く使用するカラーを繰り返していくと、髪は溶けてしまいますよ。カラーを繰り返して、色が抜けやすくなっている場合、毛先を見てみてください。

毛先が透明になっている気はしませんか?

これは髪のメラニン色素が破壊されている何よりの証拠でしょう。

カラーを検討してるのであれば、美容室の人に相談しましょう。下手に個人でやってしまうと溶けてしまったり、切れてしまったりしてしまい、大変な事になってしまいますよ!

髪が濡れたまま就寝する

髪を濡らしたままにしてしまうと、頭皮に雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

また、髪を濡らしたまま寝てしまうと更に大変です。どうなるのかというと、まくらと髪が接触することで、枕が不衛生な状態になります。さらに頭皮の雑菌をより繁殖させてしまう事になってしまうのです。

この状態だと、皮脂が毛穴に詰まってしまい、リンパや血液の循環が悪くなり、新陳代謝が悪くなったりしてしまうんですね。

しかも、髪の毛の表面を覆って、髪を守っているキューティクルは、濡れている状態だと剥がれやすいという性質を持っています。キューティクルが剥がれると乾燥しやすく、ダメージもいつも以上に受けやすくなってしまいます。

ドライヤーが熱すぎる

一般に使用されているドライヤーの温度は100度~120度ほどです。

思ったより温度が高いと思った方、多いのではないでしょうか。

100度ほどの熱風を髪や頭皮に長時間あてていると、髪の表面温度はどんどん上がっていきます。そのようになりますと、頭皮は熱によるダメージを受けてしまい、温度の上昇でやけど状態になっていきますので、注意が必要です。

髪の毛の表面温度が100度を超えると、たんぱく質変性が引き起こりますので、髪の毛のパサつきや枝毛、乾燥の原因となってしまうという最悪な状況になっていくんですね。

ブラッシングが雑

ブラッシングが雑だと、頭皮に強い刺激が加わりますので、決して髪に良いとは言えません。

また、同じ場所を何度もブラッシングをすると『かゆみ』や『フケ』の原因になります。

そして切れ毛を増やしてしまうので、ブラッシングには十分に注意する必要があります。ブラシが通らないほど絡まっている場合は、毛先からゆっくりとほどいていきましょう。

それでも絡まりがほどけない場合は、髪をしっかりと濡らしてリンスを付けてみてください。ほどけた後は、通常通りシャンプーを行ってくださいね。

タオルドライが雑

タオルドライ、雑にやっていませんか?

ただ拭くだけと思っている方は要注意です。タオルでごしごしと、髪とタオルをすり合わせて拭いていると摩擦で髪が傷んでしまう可能性がありますので、要注意です。

トップは指の腹でマッサージするように揉みこみながら、水分をタオルに吸収させるようにし、毛先はタオルで髪を挟み、抑えるようにタオルに水を吸収させましょう。

タオルドライを丁寧にきちんと行うと、ドライヤーの時間が短縮され、髪の毛が熱に当たる時間が短縮されます。

シャンプーのやり方が間違っている

シャンプーのやり方を間違ってしまうと髪のダメージに繋がりますので、注意が必要です。

そもそもシャンプーの役割は頭皮の汚れをとることです。

シャンプーを泡立てずに髪の毛に付けた瞬間にゴシゴシと、短髪であれば一気にわしゃわしゃとやりがちではないですか?

泡立てずに髪の毛をゴシゴシするとキューティクルが傷む原因になります。同時にシャンプーが髪の毛にダメージを与える原因になってしまいますので、注意が必要です。

◆関連記事:ハゲない髪の洗い方を順番に解説!男は絶対見るべき!

ダメージヘアを長期的に改善する方法

ダメージを負ってしまった髪が劇的に元に戻るということは、今の技術では可能性として非常に低いというのが正直なところ。

ケアをしたからといっても一度ダメージを負って、ダメージヘアの仲間となった髪の毛が、ツヤツヤの髪に戻る事は難しい。

ですが、これ以上ダメージを与えないことはできます。

そして、次生えてくる髪をツヤツヤに維持する事ならできます。

ちなみに今から解説する事は、すぐに効果を実感できるものではなく、長期的に続けていく必要があります。

長期的にコツコツ続けていく事で、必ずダメージヘアを改善する事ができます。

シャンプー時にぬるま湯を使う

シャンプー時、お湯の温度はどのくらいにしていますか?

40℃を超える温度でシャンプーをしている方は要注意です。お湯の温度があまり高すぎると、頭皮の皮脂や保湿成分を必要以上に流してしまいます。その為、頭皮が乾燥し、かゆみやフケの原因になってしまいます。

シャンプーを行う際には、最適なお湯の温度でもある『38℃前後』が好ましいので、できるだけ意識するようにしておきましょう。この温度が頭皮に適度な皮脂を残しつつ、汚れを洗い流せる温度となっています。

冬に時期など特に、38℃だとちょっとぬるいかな?

寒いな〜。

と感じるかもしれませんが、シャンプーをする際には丁度よい温度となっております。

髪を濡れたまま放置しない

髪の毛は、お風呂から上がって15分以内を目安に、なるべく早く乾かしましょう。

そのまま放置してしまうと、頭皮に雑菌が増えますよ。

ちなみにですが、髪の毛を乾かす前にトリートメントを付けるといいですね。これは髪の長さは関係ないですよ。どんな長さでもトリートメントは付けたほうがいいですね。

トリートメントはご自身の髪質にあったのが見つかれば最適ですね!

ドライヤーでの乾かしすぎも乾燥の原因になってしまいますが、中途半端でドライヤーを終了しても根本がまだ濡れてる、という状態だと意味がないので、ドライヤーを冷風にして髪がちゃんと乾いたか確認してくださいね。

紫外線をできるだけ避ける

髪の毛の紫外線対策はされてますか?

髪が浴びる紫外線は、顔よりも数倍と言われています。その分受けるダメージも大きくなります。髪の毛は紫外線を浴びるとキューティクルが剥がれやすくなり、髪の毛内部の水分が失われ、パサつきや切れ毛が起こりやすくなります。

髪の毛も紫外線を浴びないように、髪の毛専用の日焼け止めスプレーを利用しましょう。また、UVカット効果のある洗い流さないトリートメントもありますので、利用してみて下さい。

髪の毛に直接紫外線があたらないように帽子や日傘を利用するのもいいですね。海水浴をする場合は塩分等が付いた状態で紫外線を浴びるのでさらにダメージが強くなります。

なので、海水浴のあとは、できるだけ早くシャンプーとトリートメントをして、素早く乾かしましょう。

丁寧なシャンプーを心がける

シャンプーの前にはブラッシングをしましょう。

ブラッシングは短髪でもやったほうが効果的です。ブラッシングをすることでシャンプーの泡立ちも良くなり、余計な摩擦も避けられます。

シャンプーを付ける前に髪をしっかり濡らしましょう。シャワーヘッドを地肌に近づけて頭皮からしっかり濡らしてください。シャワーの水圧が地肌へのマッサージ効果もありますしね。

今から丁寧なシャンプーのやり方を解説していきたいと思いますので、チェックしてみてください。

==丁寧なシャンプーの仕方==

  1. シャンプーを手の平に取り手のひらで泡立てる。
  2. モコモコと泡立つといいですね。
  3. 泡立ったシャンプーを頭全体に馴染ませる。
  4. 指の腹を使い、頭皮をなぞって優しく洗う。
  5. この際、爪を立てないように注意。

================

上記のような順番で丁寧にシャンプーを行っていきます。また、ジグザグに動かしたり、少し押してみたりと、地肌をマッサージするように洗えるといいですね。

洗ったら、シャワーヘッドを地肌に近づけて、洗い残しがないようにしっかりとシャンプーを流していきましょう。毛穴の汚れが綺麗に落ちると、髪の毛が根本からふんわりと立ち上がる感じが分かりますよ。

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージはシャンプー時に一緒にやってもいいですが、シャンプー前に行うことで、毛穴の皮脂詰まりが良くなったり、血行も良くなるのでオススメです。

頭皮マッサージの概要を下記に記載していますので、参考にしてみてください。

==頭皮マッサージの概要==

  • まず指の腹を使って、円を描くように頭頂部を揉みこむ。
  • この時、爪を立てないように注意!
  • 耳の上辺りの側頭部と後頭部も同様に揉んでいきましょう。
  • 同時にツボを指で刺激して肩から首にかけての凝りほぐすように揉み込む。

===============

肩や首については自分気持ちがいいと思う強さが丁度良いですね。

血行が良くなって頭皮全体が柔らかくなってきたら、今度は少し力を入れて頭頂部をジグザグに滑らせ、毛穴に詰まった皮脂をかき出すイメージで行いましょう。

同じように後頭部もジグザグに滑らせましょう。この時、リズム良くジグザグにしたり、力加減をやや調整しながら行うといいですよ。最後に手のひらで側頭部を圧迫しながら頭頂部へと頭皮を押し上げて終了です。

どうですか?

頭皮が温まった感じがするのではないでしょうか。

血行が良くなっている証拠ですよ。

少し時間を要するのでこの一連の工程を週に1,2回できるといいですね。

今すぐにダメージヘアを改善する方法

続いては、今すぐにダメージヘアを改善する方法をご紹介していきたいと思います。

すぐに実践できる事になりますので、最後までチェックしてみてください。

市販シャンプーを止める

市販のシャンプーのほとんどは『洗浄力』が高すぎるので、頭皮や髪の毛にとって刺激が強すぎます。

市販のシャンプーを使用されているのであれば、裏面を見てみてください。

難しそうな薬品の名前ばっかりですよね。

その中にラウレス硫酸Naというワードはありませんか?

こちらは洗剤に使用される洗浄剤です。

この洗浄剤が頭皮の脂質を全て奪い去り、頭皮の乾燥を引き起こす原因になります。また、乾燥が続くと、脂漏性皮膚炎、あるいはフケ・頭皮のかゆみにも繋がる可能性があります!

さすがに肌荒れを起こす程の量は入っていませんし、市販で売られているぐらいなので安全なのですが、髪のパサつきやフケ、かゆみ等のトラブルが起こっている場合は使用されているシャンプーを疑ってみてください。

質の良いドライヤーを使う

皆様どのようなドライヤーをご使用していますか?

ドライヤーは思った以上に大事な存在です。2000円で安くで買ったドライヤーと15000円で機能の優れたドライヤーを使うのとでは、使用後の感じが全く違います。

これ、不思議なんですけど、本当です。

髪質に敏感な人は1回でその違いを実感することができるでしょう。

何のドライヤーを使用するにしろ、熱風を髪にあてて乾かすということは変わりはありませんが、できるだけ髪に良い機能を持ったドライヤーを使用することをオススメします。

ドライヤーは各メーカーからヘアケアができるものが多く販売されています。

風量・温度の調節がついていたり、マイナスイオンの機能があったりと非常に優れています。ドライヤーの温度が高すぎると髪を痛めてしまうので、60℃前後の低温で使用できるものがいいですね。

昔であればドライヤーは音が大きいので遠慮しがちになってしまいますが、今は静音タイプのものもあるので、家電ショップでいくつかスイッチをいれて試してみてください。

今すぐダメージヘアを改善するシャンプー&ドライヤー

ハーブガーデンシャンプー

今すぐにダメージヘアを予防・改善したいメンズは『ハーブガーデンシャンプー』を使用すると良いでしょう。

ハーブガーデンシャンプーは天然成分で構成されているシャンプーなので、髪・頭皮を傷めずに使用する事ができます。多くの著名人も使っていますし、たくさん美容院でも使われている優秀なシャンプーなので安心です。

ハーブガーデンシャンプーを使う事で得られるメリットを下記に記載していきますので、チェックしてみてください。

==ハーブガーデンのメリット==

  • 髪がサラサラになる
  • くせ毛が改善される
  • 頭皮の乾燥が緩和される
  • 頭皮のかゆみがなくなる
  • フケが出ないようになる
  • 頭皮環境が整う事で抜け毛防止が期待される
  • 髪にツヤとハリが出る

================

ハーブガーデンシャンプーを使用する事で、上記のような効果が期待できます。

ダメージヘアを今すぐに改善したくない人には、このハーブガーデンシャンプーはオススメしません。ですが、今すぐにダメージヘアを改善して、周りからの視線を独占したいメンズには、かなりオススメしています。

髪で人生で変わる!と、美容師の間で言われいますが、まさにその言葉通りの結果になりますので、使っていて本当に楽しくなるシャンプーです。是非、あなたもハーブガーデンシャンプーの効果を実感してみてください。

◆公式サイト:ハーブガーデンシャンプー公式サイト

◆関連記事:ハーブガーデンシャンプーは男性の加齢臭や抜け毛に効果ありなの?

レプロナイザー

今すぐにダメージヘアを改善したいメンズにオススメしたいドライヤーは『レプロナイザー』です。

言わずと知れた美容師の満足度NO.1のドライヤーとなっています。

最近ではダイソンなど、各大手メーカーからたくさんの高級ドライヤーがリリースされていますが、今回ご紹介していくレプロナイザーは、その中でも別格の存在です。

レプロナイザーのメリットをまとめていますので、チェックしてみてください。

==レプロナイザーのメリット==

  • 髪にダメージを与えない
  • 髪がサラサラになる
  • 使うほどに髪が潤う
  • セットが簡単になる
  • 頭皮乾燥を防ぐマイナスイオン
  • デザインが最先端でお洒落
  • 風量があるので乾かすのが早い
  • 風でフェイスマッサージができる

================

上記のようなメリットがあります。

デメリットは少し重いという事です。やはり機能がたくさんありますので、その分中身に部品が詰まっているんですね。

レプロナイザーは美容師が推薦する数少ないドライヤーになります。是非、一度手に取っていただき、レプロナイザーの効果を実感して頂ければと思います。今までのドライヤーと比べ物にならないと思いますよ!

◆公式サイト:レプロナイザー公式サイト

◆関連記事:『髪の乾かし方』を伝授|メンズがドライヤーを使う時のポイントとは?

まとめ

いかがでしょうか?

今回は『ダメージヘアを今すぐに改善する方法を伝授【メンズ編】』というテーマでお送りしていきました。

ダメージヘアに悩む男性は多いと思います。ですが、ダメージヘアをきちんと理解し、適切なケアを行う事で、すぐに改善する事ができます。

ダメージを受けた髪は、元には戻らないと言われていますが、今からでもきちんと適切なヘアケアをしていく事で髪質改善効果は十分期待できるでしょう。

是非、この記事を参考にダメージヘアを卒業して、お洒落で健康的な髪を手に入れていきましょう!