白髪の原因と改善

30代で白髪!?その原因に迫る!男性の真っ白な髪の治し方も伝授!

【30代 白髪 原因 男性 真っ白 治し方】

ご覧頂きありがとうございます。『Hairstyle Magazine』管理人の男子髪です♪

当サイトでは『男子の為のイケてる髪型』をコンセプトに運営しています☆

今回は『30代で白髪!?その原因に迫る!男性の真っ白な髪の治し方も伝授!』というテーマでお送りしていきます。

老化とともにやってくる白髪の生え。

意識していなくとも・・・ある一定の年齢を過ぎると、ほとんどの人に起こる現象ですね。

望んでいなくても『年齢』やその他の要因によって生えてきてしまって、困っている人も少なからずいるかと思います。

今回は30代の男性において、

  • ”白髪が増えてきて困っている”
  • ”どうにかして白髪を減らしたい、無くしたい”

など考えている方を対象に『白髪が生えてくる原因』について検証してまとめています。

何故白髪になってしまうのか?

そして、その対処法などを記載していますので参考にしてみてくださいね。

はじめに

みなさんは白髪の原因について考えたことがありますか?

現在自分の髪が白髪になっていたら、当然ですが・・・悩んでいることと思いますし、原因や解決方法を知りたいですよね。

30代ともなると・・・若いという年齢から、次第に中年層に差し掛かっていく年代なのでしっかりと事前にケアなどをしていくことをおススメします。

そもそも白髪になってしまう根本と原因、そして解決方法を記載していますのでチェックしてみてくださいね。

白髪になってしまう原因とは?

頭髪が白髪になってしまう原因としては、当然ながら老化という問題が挙げられます。

では・・・何故老化により白髪になってしまうのか?

それは年齢と共に人間の体内にあるメラノサイトという細胞が衰退してしまう為です。その結果、メラニン色素を生成できなくなってくるという理由があるようです。

もともと髪の毛がなどが生えてくる際には、最初としては毛は白なのですが、その後にメラニン色素によって黒くなるとされています。

髪が白くなる現象は、単的に”老化”といわれていますが、それはこのメラノサイトの衰退という事による影響が大きいようです。

毛根のメラノサイトが衰退

前述したように、年齢とともにメラノサイトが衰退してしまうことにより髪の毛を黒くする色素が減少していきます。

その結果として、白髪が発生してしまうということになります。

しかも、毛根に対しての色素によるものなので・・・メラノサイトが弱ければ白髪として生えてきてしまうことを防ぐのは難しいです。

若い年齢(20代~30代前半)にも関わらず白髪で悩んでいる人も多い事でしょう。白髪というと世間一般では老化現象、すなわち年齢を重ねてきたことによる身体の現象とされていることが多いですよね。

しかしながら白髪に悩んでいる人の中には20代や30代前半などで既に白髪が生え始めている・・・などという人も実際にたくさんいます。

もしかしたら、今この記事を読んでいるあなたもそうかも知れませんね。

一般的な白髪の原因

その白髪が生えてしまう原因において、下記の項目では・・・広く一般的に知られている要因をまとめたものになります。

1つでも当てはまるものがあれば・・・若白髪の原因はもしかしたら、それなのかも知れません。

  • ストレスが溜まっている
  • 生活習慣の乱れている
  • 遺伝の可能性がある
  • 病気などが原因

こういった、いくつかの基本的要因によって・・・若い年齢であっても白髪が生えてきてしまうということはあるんですね。

ストレスについてですが、これは外的要因である可能性が高いので、個人にあった対処法をすることをおススメします。

生活習慣の乱れについても同様ではありますが、バランスの良い食事や適度な運動など、一般的に健康に良いとされる『行動習慣』を身に付けることが大切です。

遺伝や病気については、自分では防ぎにくい事柄もあるとは思いますが、自分自身の身体をよく把握しておくことをおススメします。

30代の男性の白髪が生えてしまうケース・要因など

では、30代という若い年齢の男性に多い、白髪の原因を解説していきたいと思います。

この項目の中のいずれかに当てはまるものがありましたら、それが原因となりますので・・・ただちに対策をする事をオススメします。

仕事のストレス

30代ともなれば次第に仕事にも慣れ、会社においても中堅社員となる方も多いハズ。

そして中間管理職ともされる非常にプレッシャーの高いポジションに配置・配属される方もいるのではないでしょうか。

そうなると仕事から受けてしまうストレスは大きなものがありますよね。

ストレスが溜まってくると、自律神経のバランスが乱れます。その結果、血行が悪くなってしまいます。

そうなってしまいますと、頭皮から髪に栄養が送られなくなります。特にミネラルはメラニン色素を合成する為に必要な成分になります。ストレスが溜まるとミネラルが現象しますので、それが白髪の原因になるのです。

外的要因としては仕方ない部分はありますが、しっかりとストレスのケアをしておくことが大切になってきます。

運動不足

30代というと、前述のように仕事がより忙しくなってくる年代なのでプライベートな時間というのがより取りづらくなってくる傾向があります。

20代などど比べると運動するという気力や体力なども減少してくるので、意識的に健康管理として運動をするスタンスが大切になってきます。

特に有酸素運動全般は体の血行が良くなりますので、頭皮に栄養が届きやすくなります。

結果、メラニン色素を生成する力が強くなり、白髪が改善される可能性がかなり高まります。

偏りがちな食事

こちらも10代20代と比べると次第に食べられる量なども限られてきます。

だからこそ必要な栄養素をしっかりと見極めて摂取することが大事ですよね。食事による体調管理で髪、白髪に対するケアというのも関係してくるのでしっかりと意識していきたい項目でもあります。

先ほども言いましたが、白髪改善には髪に栄養を送る事が必須項目になります。

なので、しっかり栄養が摂れていないと・・・髪に栄養が届きません。

しっかり食事で栄養を確保して・・・髪にいい影響を与える事が大事になってきます。

 

このように、30代男性の白髪の原因は『基本的な要因』と、ほとんど一致する事が分かります。30代ですと・・・ます老化は考えにくいので、これらのいずれかが白髪の原因となっている事は確かなのです。

では・・・続いては、白髪の対処法をご紹介していきます。

対処法方

髪の毛が実際に白髪になってしまったらどうするのか、ごく一般的な方法ではありますが下記に対処方法を紹介しています。

この対処方法では個人差がありますので、注意してください。

白髪を抜く

黒髪の中に何本か白髪があって目立つために、その白髪を抜くという手段がありますがこれは短期的にみると効果がありますが髪が全体的に白髪になってくると対応できなくなってきます。

しかも目立つということは何本かではなく少なくとも何十本ということになるので、毎回それをケアするために時間や労力を費やすというのはとても大変ですし現実的ではないとも思われます。

よく白髪を抜いたら生えてくる!なんて、言われていますが、これは科学的根拠が全くないので、気にしなくても良いでしょう。

それに白髪が生えてくるメカニズムは『メラニン色素をつくる働きが衰えること』なので、白髪を抜いたら白髪が増えるとは全く関係のない事なので、ご安心ください。

髪を黒く染める

白髪が黒髪と比べて増えてくるともう抜くというレベルではないですよね。

そうなると当然ながら、白髪を黒く染めるという方法が有効になってきます。

美容院などで染めるという方法もありますし、市販で売られている商品を利用して髪を黒く染めるという方法もありますね。

最近では、白髪染めシャンプーが流行っていますが・・・かなり効率的でオススメです。シャンプーしながら、ゆっくり染めてくれますので、面倒な美容院に行く手間も省けます。

当サイトがオススメしている白髪染めシャンプー『利尻昆布シャンプー』がありますので、是非チェックしてみてください。

20代 白髪 原因 男性 シャンプー サプリ

利尻昆布の詳細はこちら→今なら割引キャンペーン中

頭皮マッサージ

こちらの方法はエステなどでも取り入れていますが、ご家庭にても自分で出来るケアの1つになります。

しっかりとした手順や方法のマッサージをすることにより栄養が毛根に届きやすくなります。

シャンプーをしている最中でも良いので、ちょっとしたタイミングなどで軽く行うもの効果的。マッサージに特化したジェルなどのアイテムを用いると効果が高まります。

ヘッドスパなんかを定期的にやっていくと効果的だと思います。

とにかく気持ちいです。w

毛根や地肌のケア

こちらに関してもマッサージと似通ってきますが、毛が生える毛根や地肌に対してしっかりとケアすることで白髪の可能性を減らすことができます。

白髪に対して直接のケアではありませんが、スカルプなどで常に清潔で健康な髪を維持しておきたいものですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『30代で白髪!?その原因に迫る!男性の真っ白な髪の治し方も伝授!』というテーマでお送りしていきました。

30代の男性において白髪が生えていることをテーマにその原因や対処法などを、ざっくりとですがまとめて紹介しています。

現在そういった年齢に差し掛かっている方にとっては、非常にデリケートな問題かもしれません。誰にでも訪れる可能性がある問題ですので早めにケアするようにしておくと良いかもしれません。